アニメは総選挙の代わりにならない - 総選挙ボイス占い、あるいはシンデレラガールズをデータで分析したら愉しかった話

2017-02-23

声なしアイドルって…」

ボイスの有無はもしかして…」

そんなモヤモヤに今日こそオサラバ! モバPの疑問にデータで答えるぞ。あと総選挙の予想とかもやっちゃう。

この高度情報化社会では何をするにもデータが不可欠… Pなら担当の情報を知ってて当然だよね!

  • 基本的に愉しい記事です。そのはずです。

この投稿は、自由で公平でオープンソースで現在製造中、シンデレラガールズ総合データベース “hinapedia 最新入力データに基づいています。疑問・提案・修正は @tottokotkd まで。

gitlabに詳しい方は直接issueを立てることもできます。詳しくはここ


前提

絶対ここから読めよ☆

収録データについて

“hinapedia” が収録する「ユニット」データとは、大雑把にまとめると以下2つの条件を満たすもの全てです。だいたい2017年1月あたりまで入っています。

  • 公式が名前をつけている
  • 劇中劇 (モバマス公演) 由来ではない

公演由来のデータが入っていないのは、端的に言えば「扱いが難しいから」です。以下のデータを見るときには「まあそうは言っても公演でめっちゃ共演してるしな…」とか「このデータはちょっと古いしな…」とか何とか、脳内でよしなに補正してください。

また現在の仕様上、例えば「ユニット16」と「Age16」は別々のユニットとして登録されています。つまり細かい値はあんまり精確じゃないので重視せず、大雑把な全体的傾向を掴む方がいいです。「やったー誰それは1ポイント差で13位だー」とか言ってもあんまり意味ないかもしれません。何卒、何卒。

信頼性の話 (追記)

僕が統計学を修めて追記するか、他の誰かが追加検証するまでお待ちください。

データの見方

とりあえず最初にデータの読み方を確認しましょう。リンクをクリックすると簡単に現物をチェックできるので確かめてみてね。

0.png

表のデータは左から順番に「属性、名前、年齢、身長、所属ユニット数、同僚アイドル人数 (重複なし) 、ボイスあり同僚アイドル人数 (重複なし) 、ボイスあり同僚アイドルの割合、参考リンク」となっています。表の上にあるのはフィルター・ソートの入力欄です。

「重複なし」というのは、同じキャラを何回もカウントしないってことです。たとえば凛の同僚として卯月を5回10回と数えたりはしません。

実はこの表がなかなかの力作で、クリックでソートできたりコピペできたりする凄いやつなんですけど… 関係ないですね、はい。

では早速データを眺めてモヤモヤを叩き潰していきましょう! 以下全ての項目において、データのタイトルをクリックするとソースが出てきます。

このリンク機能も技術的になかなか凄くて… あっ誰も興味ないですね、はい。


声あり・声なしをデータで観察してみよう!

日頃なんとなく気になっていたことをデータで確かめてみるのだ。

モヤモヤ1. 声なしと声ありの絡みは少ない?

その通り。声ありの同僚は声ありが多く、声なしの同僚は声なしが多い。人数も割合もそうである。

全体の平均値

  • 同僚19.41人
  • そのうち声あり同僚8.51人 (39.77%)

声あり

  • 同僚23.95人
  • そのうち声あり同僚15.69人 (64.73%)

声なし

  • 同僚16.91人
  • そのうち声あり同僚4.55人 (26.03%)

そもそも声なしは所属ユニット数が少ないので、同僚の合計人数が少ないのは仕方ない。でも割合まで低いのは注目すべきポイントですね。

モヤモヤ2. 担当の所属ユニット数が少ない or 多い気がする

事実かもしれない。ユニット所属数には大きな差がある。

ユニット所属数が少ないアイドル

  • 4ユニット: 赤西瑛梨華、大石泉
  • 5ユニット: 安斎都、井村雪菜、岸部彩華、工藤忍、西川保奈美
  • 6ユニット: 伊集院惠、大西由里子、桐生つかさ、小松伊吹、土屋亜子、長富蓮実、松永涼、松原早耶
  • 7ユニット: 大原みちる、村松さくら、柳清良、水木聖來、水野翠、脇山珠美、愛野渚、南条光
  • 8ユニット: (多いため略。ソース参照)

ユニット所属数が多いアイドル

  • 20ユニット: 片桐早苗、白坂小梅
  • 19ユニット: 高垣楓
  • 18ユニット: 大槻唯、櫻井桃華
  • 17ユニット: 市原仁奈、緒方智絵里、川島瑞樹、新田美波、姫川友紀、藤原肇、星輝子、堀裕子、龍崎薫
  • 16ユニット: 安部菜々、高橋礼子、ナターリア、宮本フレデリカ、向井拓海

何故こんなに差があるのかは正直謎です。ただニューウェーブに関しては「イベントにニューウェーブとして登場する機会が多いため、他のユニットが少ない」という背景があるみたいです。

藤原肇・高橋礼子・ナターリアのように「所属ユニットが多い声なし」もいますが、少数派ですね。この辺のさじ加減は運営のシナリオライターを尋問しないとよく分からないところ。

モヤモヤ3. 声あり勢と絡まないとボイスはつかない?

そんなことはない。当初そうかなと思いましたが考えを改めました。

「声あり同僚」の割合が少ない、声ありアイドル

  • 20%以下: 脇山珠美
  • 30%以下: 水本ゆかり、及川雫、龍崎薫
  • 40%以下: 佐々木千枝、上条春菜、森久保乃々、難波笑美、上田鈴帆、木村夏樹

「声あり同僚」の人数が少ない、声ありアイドル

  • 2人: 脇山珠美
  • 3人: 水本ゆかり
  • 5人: 松永涼
  • 6人: 及川雫、上条春菜、難波笑美、木村夏樹、浜口あやめ
  • 7人: 森久保乃々、佐藤心

アニメでボイスついたキャラが多いですね。見るからに。

ただし、このデータは注意点が多いです。まずデレステ公式が曲イベでユニット名をつけなかったため、珠美・ゆかり・雫の同僚数が少なめになっています。更にしゅがは・森久保の直近デレステ登場分が加算されていないので値にズレがあります。頑張って脳内で補正してください。

そういう前提のもとで本題に戻ると、珠美の声あり同僚としてカウントされているのは浜口あやめ・大槻唯です。これは「声ありと絡んだから声がついた」とは言えませんね。更に一人一人見て行くと「声あり同僚はほとんどアニメボイス勢で、デレステ曲で一気に4人増えた」みたいなパターンが多いです。

したがって、ボイス勢と絡みがなくてもアニメでボイスはつきます。しかもどうやら、関係性の強いキャラクターがグループ丸ごとごっそり実装されてます。あーよかった、よかった。

と思うじゃん。ところがだな…

モヤモヤ4. 総選挙でも運営采配でもボイスがつけば同じ?

「総選挙を経由しない場合、ボイスがついても人間関係は増えない」という可能性がある。

この項目はちょっと複雑なので、説明を交えながらデータを眺めていきます。

まず最初に注目したのは「一部キャラクターはボイスあり勢との共演が極端に多い」という事実です。その一部キャラクターとは、以下の面々です。

「声あり同僚」の割合が大きいアイドル

  • 100%: 小日向美穂、渋谷凛
  • 90%以上: アナスタシア、輿水幸子、北条加蓮、諸星きらり、前川みく

なんというかその… ぶっちゃけ分かりやすく表現すると人気キャラですよね。人気キャラのユニット同僚は声ありばかりです。何故なのか。

ここでまず「人気キャラは声あり勢とのイベントが多く、声なし勢と絡む運営上の余裕がない (声あり勢のコアとして活動している)」という仮説を立てます。

この7人について詳しく調べてみると、その同僚数は平均23.57人です。7倍すると165人 (うち声あり158、声なし7) です。これだけ同僚がいるわけですから、声あり65人 (正確には、この7人を除く58人) を全員カバーしていても不思議ではありません。むしろ合計165人もいて58人をカバーしていない方がおかしい

ところが。

小日向美穂、渋谷凛、アナスタシア、輿水幸子、北条加蓮、諸星きらり、前川みく、いずれかの同僚アイドル (47人)

  • 相葉夕美、赤城みりあ、安部菜々、五十嵐響子、市原仁奈、大槻唯、緒方智絵里、神谷奈緒、川島瑞樹、神崎蘭子、小早川紗枝、西園寺琴歌、鷺沢文香、佐久間まゆ、櫻井桃華、佐藤心、塩見周子、島村卯月、白坂小梅、城ヶ崎美嘉、城ヶ崎莉嘉、高垣楓、鷹富士茄子高峯のあ、高森藍子、多田李衣菜、橘ありす、十時愛梨、道明寺歌鈴、中野有香、新田美波、二宮飛鳥、速水奏、日野茜、姫川友紀、双葉杏、星輝子、堀裕子、本田未央、松本沙理奈的場梨沙、三村かな子、宮本フレデリカ、向井拓海、八神マキノ、大和亜季、依田芳乃 (太字: 声なし)

平均値が23.5人といっても、7 * 23.5人の同僚がいる訳ではないのです。実際に集めてみると47人しかいません。その内訳を数えてみると「声あり41人、声なし6人」となっています。

158人いるけど実際は41人… 声あり重複すごいネ。

58人中41人では到底網羅的とは言えないので、「声ありコア仮説」は捨てます。そこで次に「総選挙で上位に入ると運営上特別な配慮がなされ、この7人とのユニットを組まれやすい」という仮説を立てます。

「7人いずれかの同僚になっている声あり」と「誰とも同僚になっていない声あり」を並べて比較してみましょう。分かりやすいように、アニメでサプライズ実装されたキャラクター名は太字にします。総選挙の順位は… ここに書くとゴチャゴチャするので脳内で補完してください。

声ありで、小日向美穂、渋谷凛、アナスタシア、輿水幸子、北条加蓮、諸星きらり、前川みくのいずれかと同僚のアイドル (41人)

  • 相葉夕美、赤城みりあ、安部菜々、五十嵐響子、市原仁奈、大槻唯、緒方智絵里、神谷奈緒、川島瑞樹、神崎蘭子、小早川紗枝、鷺沢文香、佐久間まゆ、櫻井桃華、佐藤心、塩見周子、島村卯月、白坂小梅、城ヶ崎美嘉、城ヶ崎莉嘉、高垣楓、高森藍子、多田李衣菜、橘ありす、十時愛梨、道明寺歌鈴中野有香、新田美波、二宮飛鳥、速水奏、日野茜、姫川友紀、双葉杏、星輝子、堀裕子、本田未央、三村かな子、宮本フレデリカ、向井拓海、大和亜季、依田芳乃

声ありだが、小日向美穂、渋谷凛、アナスタシア、輿水幸子、北条加蓮、諸星きらり、前川みくの誰とも同僚でないアイドル (17人)

  • 一ノ瀬志希、上田鈴帆及川雫片桐早苗上条春菜木村夏樹佐々木千枝椎名法子難波笑美浜口あやめ藤本里奈松永涼水本ゆかり、三船美優、森久保乃々、龍崎薫脇山珠美

これは… 正直ここまでの偏りがあるとは思わなかったんですけど。

なんかこう、うまく表現できませんけど、(1) もともとボイスあり勢と (2) 総選挙ボイス勢と (3) アニメボイス勢の3種類があって、この7人と最後のグループの交流はほぼ無いという感じに見えますね。

とはいえ、このデータだけだと「7人は人数が少ない。偶然じゃないか?データが恣意的なんじゃないか?」と思いますよね。そこで調査対象を80%以上20人に広げ、改めて調べてみましょう。

声ありだが、小日向美穂、渋谷凛、アナスタシア、輿水幸子、北条加蓮、諸星きらり、前川みく、速水奏、神谷奈緒、本田未央、一ノ瀬志希、島村卯月、塩見周子、多田李衣菜、十時愛梨、双葉杏、城ヶ崎美嘉、星輝子、三村かな子、城ヶ崎莉嘉の誰とも同僚でないアイドル (7人)

  • 上田鈴帆
  • 上条春菜
  • 佐々木千枝
  • 難波笑美
  • 水本ゆかり
  • 龍崎薫
  • 脇山珠美

もうこれは説明不要ですね。はい。

そもそもこの20人の同僚が80人しかいないという時点で色々と厳しいものがあるんですよ。アーニャの同僚が28人、アーニャ含む7人の同僚が47人、さらに増やして20人の同僚が80人… 限界効用逓減グラフかな?

モヤモヤまとめ

データの特徴をまとめると、こんな感じです。

  • 声あり・声なしの間には差がある。
  • 声あり・声なし同士でも差がある。
  • アイドルの同僚は重複がある。お前の同僚はオレの同僚。
  • 「声あり同僚」がいなくてもサプライズ追加はある。
  • 一定のまとまりを丸ごとボイス実装するパターンが見られる。
  • 声なしキャラは、一部の人気キャラとほぼ同僚になれない。
  • しかし声があっても共演できるとは限らない。
  • 「総選挙系ボイス勢」と「グループ丸ごとサプライズ実装勢」は追加後の扱いに差があるかもしれない。

こういうデータをどう解釈するかは人それぞれなんですけど、僕個人の解釈は以下のような具合です。割とポジティブに解釈してます (想像と直感でカバーしている部分もあります)。

  • 既にアイドルごとに人間関係が固まっている。クラスタごとに同僚が被っている。
  • 人間関係に基づく小規模グループに分断されている。一部のグループには声があり、その他にはない。
  • アニメ放送時のボイス実装は (1) 声ありグループに近いキャラに実装、 (2) 声なしグループを選定して丸ごとごっそり実装、という2パターンがある。ただしアニメでボイスがついても他グループとの絡みは増えない。
  • 「総選挙上位になると絡める人気キャラ」という事実上の主役格がいる。しかしコンテンツの建前上「主役」としての役割を果たすことができない。
  • 総選挙上位勢は「主役」となり、既存の枠を超えることができる。そのキャラクターを中心として、新しい関係を構築できる。選挙結果を後ろ盾として、建前上許されない「主役」の役割を期間限定で担う。

以下ちょっと細かい話。

まず何よりも、ぶっちゃけ公式コンテンツは組み合わせの幅が狭いと思うんです。全体で183人いるのに、20人の同僚が80人ですからね。残りの83人はどこに行ったんだと。

劇場とかもね、例えば比奈先生はだいたい奈緒と絡んでるしね… うん。

そこで試しに調べてみると「渋谷凛の同僚の同僚でないアイドル」が35人もいます。同僚の同僚 (知人の知人) ではないってことはつまり、この人たちは「渋谷凛の知人の知人の知人」ということになりかねない訳です。公演とか劇場とか数えていないので、必ずしもそうではないと思いますけど。

「知人の知人の知人」はどのくらいの距離かというと、僕とPerfumeくらいです。あるいは僕と麻生太郎。要するにもうめっちゃ他人だよね。

そういう狭い人間関係が出来上がっているうえに、その枠が強固で壊れない (アニメでボイスついても超えられない) とすれば、例えば「公式におけるニュージェネの絡みが絶滅して、3人の参加する別ユニットだけが沢山出てくる」とか「今までの経歴がウソであるかのように、声なし勢と絡みまくる美穂」みたいなことは難しいわけです。誰かが「人気アイドル」として全イベント皆勤で参加するなら可能ですけど、それをやると「人気者が主人公、他はモブ」ということになってしまう。それは建前上できませんよね。

データを眺めてみると、そうした「主役」の役割は総選挙上位勢に委ねられていると思うんです。総選挙で上位になれば、誰とでもユニットを組んで曲を出せる。イベントへの登場回数やポジションでも特別扱いが許される。「このキャラとあのキャラをぶつけたら面白いんじゃないか?」「新しくここに関係性を作ったら色々広がるんじゃないか?」と思いつつも追加できなかったコンテンツを、総選挙上位という口実さえあれば何もかも全部やれる

他のコンテンツなら「主役」がこなすべき役割を、主役なきシンデレラガールズの公式コンテンツでは総選挙上位勢が担い、「新顔の総選挙上位」という数人の「主役」が代わる代わる世界観をグルグルと攪拌することで全体の停滞を防いでいるのではないでしょうか。

以上要するに、総選挙は単なるボイス実装では代替できない役割を果たしており、総選挙上位勢になることは重要であり、総選挙はシンデレラガールズ全体にとって必要不可欠であり、世界観の新陳代謝みたいなものだと思えるのです。

(この理屈を反対から言えば、もし総選挙上位が固定化したり、総選挙が単なるボイス競争になったり、そもそも存在しなくなったりすると、キャラ同士の関係性が動かせなくなって公式コンテンツ全体が停滞するだろうなと思います。)


次の総選挙をデータで妄想!

そんな細かい理屈はいいからボイスつけろ! ボイスよこせオラァ! という全国3800万の比奈Pの声にデータでお応えするコーナーです(ぱちぱち)

前回総選挙からの想像

「みんなの想像はこんな感じだろうな」という想像です。

  • 肇、柚、比奈、巴、雪美、裕美、茄子、ナターリア、美玲、マキノが上位に来そう
  • 美優、森久保、芳乃、しゅがはへのボイス応援票が影響ありそう

何故みんなこう想像するのか?根拠あるのか?という話ですが、結論から言うと案外あります。データは嘘つかない… 人間は嘘つきだけどな!

以下サクサクとご紹介 (もう疲れた)。

a. 他アイドルとの関係が強みの人たち

戦いは数だよ兄貴! 数が多けりゃ票もたくさん入るだろう的なアレ。

「ユニット所属数が多い」声なしランキング

  1. 藤原肇 (17)
  2. 高橋礼子、ナターリア (16)
  3. 黒川千秋、東郷あい、村上巴 (15)

「ユニット同僚数が多い」声なしランキング

  1. メアリー・コクラン (37)
  2. 柳瀬美由紀、成宮由愛 (33)
  3. 福山舞、佐城雪美 (32)
  4. 藤原肇、小関麗奈、大沼くるみ (28)
  5. 村上巴 (27)

b. 声ありユニット同僚との関係が強みの人たち

欲しい… ユニット曲が欲しい! みんなで推せばもう何も怖くない。

「ボイスあり同僚の割合が大きい」声なしランキング

  • 50%以上: 喜多見柚荒木比奈、大原みちる、丹羽仁美
  • 45%以上: 財前時子、池袋晶葉、鷹富士茄子、並木芽衣子、桐生つかさ
  • 40%以上: イヴ・サンタクロース、原田美世、早坂美玲、西園寺琴歌、赤西瑛梨華、浅利七海、棟方愛海
  • 35%以上: 松本沙理奈、喜多日菜子、仙崎恵磨、服部瞳子、八神マキノ、冴島清美、佐城雪美、篠原礼、槙原志保、村上巴、持田亜里沙、横山千佳、水木聖來、柊志乃、ライラ

「ボイスあり同僚の人数が多い」声なしランキング

  1. 佐城雪美 (12)
  2. 村上巴、柳瀬美由紀、丹羽仁美、喜多見柚 (10)
  3. メアリー・コクラン、福山舞、松本沙理奈、的場梨沙、荒木比奈、横山千佳、大沼くるみ (9)

c. 前回ボイス実装勢との関係が強みの人たち

Aにボイスがついた! 次はB! 次はC! その次は… 終わりなき欲望の連鎖。

「美優、森久保、芳乃、しゅがは」のうち2人と同僚の声なし

  • 荒木比奈 (美優、森久保)
  • 白菊ほたる (森久保、しゅがは)
  • 丹羽仁美 (森久保、芳乃)
  • 柊志乃 (美優、芳乃)
  • 棟方愛海 (森久保、芳乃)
  • 和久井留美 (美優、しゅがは)

d. 声あり担当Pに与える存在感が強みの人たち

話は全てすごいSQLで分析させてもらった! 声あり担当はこう投票する

  • 存在感1.5以上: 八神マキノ、高峯のあ、西園寺琴歌、荒木比奈、丹羽仁美
  • 存在感1以上: 佐城雪美、松本沙理奈、鷹富士茄子喜多見柚、財前時子、原田美世、村上巴、イヴ・サンタクロース、冴島清美、横山千佳、持田亜里沙

(註: 「声あり担当Pにとって、ボイス未実装の同僚がいたら気になるはずだ」「そのアイドルと複数ユニットで同僚なら更に存在感が大きいはずだ」「存在感が大きければ投票もするはずだ」という発想に基づく)

(声ありアイドルに各自1ポイントを持たせて算出する。例えば奈緒の場合、ボイス未完成ユニットは「ハプニングサンタ」と「真夏のサンタガールズ」なので0.5ずつ加える。前者の声なしは比奈だけなので0.5全て比奈に加算、後者の声なしはイヴ・雅なので0.25ずつ加算… という処理を全員でやる)

個人的な総選挙予想

まず間違いなく荒木比奈先生が1位でしょうね (終了)

データからの総選挙予想

真面目にデータを見てみると、前回総選挙で上位にいた声なしアイドルはそれぞれ「支持基盤」があります。特色が分かれていて面白いですね。

ところで、最初に触れておくべき点がありまして、どうデータを並べても裕美ちゃんだけ上位にならないんですよ。ユニット・同僚の数は平均的だし、声ありとの絡みも特に多くない。でも強い。データで見るとよく分からないし、他のCuアイドルの方が圧倒的に強くても不思議じゃない。でも強い。目に見えない裕美ちゃん軍団が力強く支えているとしか思えません。

とにかく分からないものは仕方ないので、分かる部分だけ触れます。

柚・肇・比奈

前回の順位からも想像できるところですが、やはり上位を争うのはこの3人でしょう。比奈Pとして希望的観測が入っているおそれは否定しませんけど。

L.M.B.G所属メンバーを除くと同僚最多の肇人数面でも割合面でもボイス勢との関係が強い柚柚に匹敵する交流の広さと同僚声あり担当Pへの大きな存在感を持つ比奈。データを眺めると三者三様ですね。正直なところ同じくらい強そうです。

3人の強みを比べると「柚・比奈による声あり票田の取り合いが発生し、肇ちゃん有利なのでは」と思うところですが、比奈と柚は同僚がまったく重複していないため関係なさそうです。どちらかというと肇と柚に共通の同僚として裕美・巴がいるという部分の方が気になりますね。どういう票の流れになるのか未知数です。もっとも「この二人の担当Pが前回こぞって肇・柚に投票した」とも考えにくいので、関係ないかもしれませんが…

なお、前回2位である楓との同僚重複は肇4人柚4人比奈3人と大差ありません。

こうしてみると、肇・柚・比奈の3人が票を食いあって順位を下げたり、圧倒的上位にスポイルされたりする可能性はなさそうだと判断できます。競争相手のことは関係なく、着実に地盤を固めた陣営が有利になるでしょう… なんか現実の選挙みたいな話になってきましたね。

前回50位以内の人たち

現時点のデータで調べても相変わらず強そうなんですけど、かと言って圧倒的なパラメータの差があるかというと、そういう訳でもないんですよね。雪美・巴の二人がちょっとだけリストの上位に来ているかな?という位で、これまた正直よく分からない。

ただし、「前回総選挙で入賞した」という事実そのものがメチャクチャ強い要素であると思われるので、一歩有利であることは間違いないだろうと思います。

データで見るとそこまで高い壁じゃないかもとか総選挙で上位にならないと面白くならないかもとか、こんなところでどれだけ頑張ってデータ揃えて言ってみても、大多数に読まれなきゃ仕方ないしねえ。

データが気になる人

圧倒的に丹羽仁美です。どのデータもほぼ最上位で入ってます。総選挙で上位に来るか、アニメで「声ありに近いキャラ」としてボイス実装されるか… 少なくともどちらかあるんじゃないでしょうか。


まとめ

  1. アニメは総選挙の代わりにならない
  2. 総選挙上位勢だけが「主役」になれる
  3. 選挙の順位は正直わからん